富山アルペンスキーチーム

アルペンチーム活動報告

チルドレン大会その2

Posted by toyamaski : 2010年1月12日

何度も同じ話題ですが・・・チルドレン大会です。
ブログなのにかなり長くなりますがご容赦ください。
今回のレースは今後実施されるであろうSAJ公認のチルドレン大会を富山県でも実施していくための準備といった面もありました。
参加した選手にはそんな運営側の思惑は関係ないので、今回のレースでは参加した全選手が実力が発揮できるように大会を行ったつもりです。
何かと話題のチルドレン大会、いろいろな噂がありますが実際のところ富山県はもちろんのこと全国的に試行錯誤の段階だと思います。
ではなぜチルドレンカテゴリーでのレースを行うのか?全日本スキー連盟からの資料によると
 
1 開催の目的
(1)世界で活躍する選手を輩出するためには、国際スキー連盟の基準に合わせた競技会を実施していくべきである。
(2)国際スキー連盟の年齢別カテゴリーに基づいた、11~14歳の選手育成を目指すシステム(指導方法も含める)づくりを行う。
(3)チルドレン年代を気軽にスキー大会に導く活動を展開し、アルペンスキーを目指す子ども達を増やすと共に、競技用品ルールにあった大会を行うことにより、スキー技術の基礎基本を選手、保護者、コーチに発信、伝達する場としたい。
2 開催の方針
(1)各都道府県、各ブロック内で協力し、地元でもチルドレン選手育成を目指す。
(2)選手の体力的な負担軽減を目指す。
(3)保護者の経済的な負担軽減を目指す。
(4)ジュニアへステップアップする筋道を目指す。
(5)教育本部との連携の中で、育成システムの構築とその伝達を目指す。
(6)全国的な交流の場(大会)を設ける。
※全日本配付資料抜粋 決定事項でははりません。 (ジュニアとは15歳から18歳の年代)
 
このような考え方のからチルドレンカテゴリーのレースを実施していくとのことです。
富山県としても世界で活躍できる選手を輩出していくためにはチルドレンカテゴリーでの大会は必要であると思います。
しかしチルドレンカテゴリーでの大会は、北海道など一部の地域では実施されていますがレース数はごくわずかです。
これから本格的に実施することになるとしても新しい大会なのでノウハウがありません。
今回行った富山県チルドレン大会は今後の貴重な資料となると思います。そこでみなさんからのご意見を募集しています。
どんなことでもかまいません。気づいた点、アイデアがあれば是非ご意見をおよせください。
批判や不満なども多くあると思います。お寄せ頂いたご意見を今後の参考にしていきたいと思います。
勝手ではありますがご意見はメールかFAXでお願いいたします。
参加する子ども達のためにも多くのご意見をお待ちしております。
 
toyamaski@hotmail.co.jp  FAX (076)442-3036 富山県スキー連盟
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。